TOKISTAR トキスターのカーボンスタンド TS-112-ST
軽量、カーボーン製と話題性に乗っかって購入したライトスタンド。
おそらく誰もが感じていると思われる使用レーポート。

軽いので持ち運びは楽だけど、野外ではその軽さがネックとなる。
ソフトボックスなどを使うとスタンドがしなるし、一番細いロッドの所は、スタンドのしなり具合を見るとあまり使いたくないし・・・。
風には、凄く弱い。
実際に、転倒させてストロボ破損を体験してウェイトの必要性を感じる。

収納時に1本だけ収まりが悪い脚は、持ち運びの際に不便。
軽量化の為、肉抜きしていることもあり貧弱に感じてしまう脚。

スタンドは、左右に回転できない仕様。
ソフトボックスを使う時は、スピゴットの所で向きを調整できるけどトレーシングペーパーポールを使う時は、調整しようがない。
安定感を出すために脚の向きとポートを調整できないのですよ。
これが、かなり不便に感じています。

業界最軽量の話題性も大事でしょうが、軽量化の為に、細くしたり薄くしたりした結果の不便さがあるように感じます。

ここまで軽くなくてもいいので、少し太くし、脚は肉抜きしないでモビスタンド並みの強度を持たせればなんて思うけどどうでしょう?
今は、野外に限らずメインで使っているのは、TOKISTAR モビスタンドです。
カーボンスタンドの不便なところが全てクリアできていると感じています。
コンパクトなライトスタンドなら、これ一択ですね。