イベント会場でロケ撮後、スタジオで撮影。
ちょっと機材が多くてAD200がカメラバックに収まらない・・・。

カメラバックの横にアクセサリーを付ける為のものと思われるバンドがあります。
このバンドに、Godox AD200用に購入した VANGUARD カメラフラッシュケースのベルトループを使って固定。

こうすると、AD200を持ち運べるだけではなくEC200を使って、このまま撮影でも使えるので、オンフラッシュが可能。
フラッシュケースは、十分なクッション性があるので破損の心配も回避。
もちろん、カメラバックに余裕があれば、このケースを使うことなく同じ事が出来る訳なので、こんな使い方ができるという話。

機材を持ち運ぶ必要がなくカメラバックが必要ない場面なら、このフラッシュケールを腰のベルトに固定するか、ケースのストラップを使ってAD200本体をぶら下げて、オンストロボができるので機動性も高い。


スタジオでは、フラッシュケースを取り外しライトスタンドにぶら下げる。

ゴドックスAD200専用のケースも売ってはいるけど、クッションは薄そうだし、ストラップなし固定はカラビナとか使うことになるので改善が望まれる。

なかなかお薦めの品なのですが、不安要素としてファスナーの耐久性が考えられる。
この辺の話は、また後日