VANGUARD バンガードGH-100 ピストル雲台。

愛用の雲台 VANGUARD バンガードGH-100
マグネシウム製のガンタイプ自由雲台。

普通のボール雲台よりガンタイプの方が合わせやすいと思うけど、大きさや重さを考えると持ち出しが不便。
ガツンと合わせて構図固定できるできるけど、最後の微調整が・・ううううんとなるのがボール雲台のむずいところ。

VANGUARD バンガードGH-100 ピストル雲台。

ガングリップのところも稼働。

VANGUARD バンガードGH-100 ピストル雲台。

グリップを握って角度を調整するわけだけど、後ろのレバーでトルクを調整。
使い始めは、すごく硬かったけど馴れるとすごく使いやすい。

VANGUARD バンガードGH-100 ピストル雲台。

左右に振る動作はとてもスムーズに稼働する。

VANGUARD バンガードGH-100 ピストル雲台。

このレバーを開放状態にしてグリップを握り調整。
角度を決めたらグリップを離し固定後、レバーをロック。
握力があれば、このレバーを使わなくてもこの動作ができる。

VANGUARD バンガードGH-100 ピストル雲台。
VANGUARD バンガードGH-100 ピストル雲台。
VANGUARD バンガードGH-100 ピストル雲台。

レンズを上に向ける場合は、ガングリップを先端方向にするとか馴れは必要。
馴れてしまえば、可動部が多いだけにかなり自由に使える。

この製品とは別に、ガングリップにボタンが付いたタイプのものをありました。
ピストルを撃つように、トリガーを引くと写真が撮れる雲台。
便利そうだけど、ちょっと大げさかな。

クイックリリースプレートは、後付けしたもの。