マンフロット055とバンガードAltaPro263ATの比較

マンフロット Manfrotto 055シリーズの三脚を追加。
MK055XPRO3-3W アルミ3段三脚と3WAY雲台のセットです。
これまで使っていたバンガードAlta Pro 263AT&GH-100雲台(旧モデル)と比較してみます。

       
マンフロット055とバンガードAltaPro263ATの比較

高さは大体同じ位。
脚チューブは、055が30mmとAltaPro 26mmに比べ太い。
重量は、055が3.5kgと1㎏程重い。

マンフロット055とバンガードAltaPro263ATの比較

3段の脚を伸ばすと、マンフロットの方が高 い全伸高183cm。

脚の開脚方法は、似たような感じ

脚の延長も同じような操作だけど、マンフロットは一気に出せる。
便利な反面、注意しないとケガの元w
バンガードは、スパイクを出せる構造。
うっかりスパイクが出たまま使用して床に傷が・・・これが自宅なら自分のミスなのであきらめもつくが、そうでなかったらと思うと怖い。
自分的には、いらない機能。

マンフロット055とバンガードAltaPro263ATの比較

この三脚の大きな特徴ともいえるローアングル姿勢とセンターポールのアングル機能。 開脚だけならマンフロットの方が低姿勢になるけど、センターポールや雲台の機能で撮れるアングルは同じになる。

マンフロット055とバンガードAltaPro263ATの比較

マンフロットのセンターポールは90度固定だが、ヴァンガードは自由に角度も調整できる。
自由度ならバンガード!

       

バンガードの方がお手頃価格。

       

055より若干軽量の190シリーズ 。

       

そのうちマンフロットのギア雲台を購入しようと思っています。

バンガードに不便を感じていたわけではなく、欲しい雲台がマンフロットで、三脚も使ってみたくなったという話。
バンガードは、性能に対して価格が安くて良いけど最近、色が・・・(そこ?)雲台の選択肢も増えればいいのにとも思っている。

持ち歩かない前提なので、重さは気にせず。
むしろ、重くて安定した方がいいのでアルミです。

万が一に壊れた場合、マンフロットは修理可能ですが、バンガードも同様なので安心感があります。