godox ad200 mogmod

GODOX AD200をオンストロボするには、X1Tを使って団子状にのせる必要がある。
これが嫌で、ブラケットを使ってみたらというのが今回のテーマ。

本当ならストロボによる影の出方を変える部品なんだろうけど、そこはどうでもよく、ボディのホットシューに負担をかけるのが嫌なだけ。

godox ad200 mogmod
       

汎用品ならではの欠点として
・固定はネジ1本のみで、ずれ防止のダホ等無い
・ねじをきつく締める必要があるけど工具が必要。(コイン)

後は、カメラバックへの収まりが凄く悪いのも加えたいけど、ネジを工具不要の物に交換すると改善するかな。

godox ad200 mogmod

GODOX AD200 に MAGMODという組み合わせなので、ストロボ部分の全長が長くなる。
多少、重くはなるけど重心がグリップ側に移るためバランスは悪くない。


シグマ24-105mmを使う場合、広角側だと御覧の通り。
50mmからの使用が可能。
MAGMODではなく、H200Rならどうだろう?

godox ad200 mogmod

70-200mmなら、問題なし。

AD200の本体は、ストロボケースに入れて斜め掛けするか、ベルトに固定。
このストロボケースは、マジお薦め

一応、縦横構図で影がどのようにつくか検証。

普段は、オンストロボは使わないのでそれほど活躍はしません。
実際に使うのは、たぶん6月になるかな