今年は、海辺での撮影機会が多かった。

海辺の撮影では、広角レンズを使う事が多かったです。
レンズは、シグマの10-20mm

APS-C用のレンズなので、ボディはニコンD7100を使用。

ライトスタンドとソフトボックスも持参。
ただ、海辺ということもあり風が強いとか、膝まで海に入って撮影したりもするから、ライトスタンドが使えない場面が多い。

そんな場合に、どうやって撮っているかというと片手でストロボを持って、もう片手で撮影。
毎回このパターンで撮影してました。

この時に、便利なのがこれ!

ブラケットにグリップが付いているので持ちやすい。
収納もまあまあコンパクト。
組み立ても、ロットを抜き差しすることなく展開できる。
ディフューザを取って直当てしたりと使い勝手が良い。
いざとなれば、スタンドにも固定できる。

ただ、S型ブラケットと同等のパーツが、少しチープでストロボの固定が強固ではないのが気になるところ。
今のところ落下などの事故はないけど、唯一の弱点を上げるとすればここだと思う。




可変式NDフィルターも試したので後日紹介します。