プロレスの撮影方法

リングサイドからプロレスの撮影した話は前にしたけど、特殊だよね。

普通は、観覧席から撮影するのが一般的。

その場合は、どうするかって話ね。

 

会場は、町営の会館。

照明施設は、最新とは言えず暗いしフリッカーが・・・・という条件

 

プロレスの撮影方法

ニコンD750にシグマ70-200mm ストロボなし

WB AUTO ISO6400 1/320 F2.8

AF-C シングルポイント

グループエリア設定だとロープにピントが合う時があります。

なのでシングルポイントを使い親指AFを駆使しながらリング上を狙います。

連写は使うけど、ここぞという時だけ。

 

プロレスの撮影方法

大技は、慣れると「来るな!」と予測できるので結構狙って撮れる。

この日は1/320だったけど、動きの早いレスラーだと追いつかない。

この辺のノウハウは、まだ手探りの状態です。

5列目あたりの後ろから立ち見の状態で撮影。

選手にロープで目線が入らないようにする事と、コーナーサイドと観客の頭が写るようにして意識して撮影しています。

写真は撮って出し。

 


大きなレンズは、他のお客さんの迷惑になりそうな場合。

コンパクトな望遠ズームが良いと思います。

APS-C用だけど18-300mmとか、コンパクトで便利なズームレンズ。