スタジオ撮影。
ライティングは、こんな感じ。

コメットCX ストロボヘッドには、マウント変換アダプターを使ってBOXを付けている。

[amazonjs asin=”B01NAHSX8W” locale=”JP” title=”マウント変換アダプター 「コメットCX→ボーエンズ」 spc276″]

[amazonjs asin=”B074H666GB” locale=”JP” title=”Neewer 十六角形ソフトボックス 36 inch/90cm ブルー縁 Bowensマウント付き ポータブル 折り畳みやすいソフトボックス/ディフューザー 撮影用スピードライト/フラッシュ/モノライト用”]

[amazonjs asin=”B01HEOLDGE” locale=”JP” title=”GODOX ソフトボックス Softbox Bowens 35×160cm/ 13.78″ X 63″ ハニカムグリッド ・ソフトボックス Bowens マウント付き 撮影用 スピードライト用 付属品:Fomitoオリジナル クリーニングクロース”]

ソフトボックスには、ハニカムグリットを付けています。
Neewerのソフトボックスは、お気に入りで瞳にまるいキャッチライトが入る。
この大きさなので、アシなしの野外使用は難しい。
今のところスタジオ限定で使っているけど、屋外でも