私が勝手に考えたオリジナルストーリー。

トニー・スタークが、日本人留学生 早田進次郎の為に作ったスーツ。
その名もウルトラスーツ。
アイアンマンと共に平和を守る戦いが始まる。
舞台は、NY。

ざっくりw

ULTRAMANの設定は無視してアイアンマンと活躍するマーベル作のULTRAMANが見たいです。

「私がアイアンマンだ!」
「俺は、ウルトラマンだ!」

この二体のツーショットでも違和感ないでしょ。
ウルトラマンの実写は日本でやって欲しいけどULTRAMANの実写はマーベルがいいな!

1枚目の2ショットは、合成です。
実際のフィギュアは、これだけの身長差があります。
身長差があるのはフィギュアだけの話で、実際のキャラクターはどちらも等身大。
アイアンマン的なULTRAMANで巨大なウルトラマンとはまた別のストーリーです。